サイトの目標(コンバージョン)を設定しよう!【3分で分かる】


サイトの目標=コンバージョン(CV)とは

「コンバージョン」とは、Webサイトでユーザーに達成してほしいゴールのことを指します。例えば会員登録や商品購入、○ページ以上のページ閲覧など、サイトのタイプによって種類は様々です。

単に訪問数などをチェックするだけでなく、サイトのコンバージョンを設定することで
ビジネス的な利益に直接つながるサイト運営をするのがとても重要です。

見るべきデータは、「コンバージョン>目標>サマリー」から見ることができます。

Googleアナリティクスで設定できるコンバージョンの種類  

Googleアナリティクスでは、以下の3種類のコンバージョンを設定することができます。

①到達ページURL  

「会員登録完了」「資料請求完了」などユーザーに到達してほしいページのURLを目標として設定できます。多くのサイトで導入できるメジャーなコンバージョンです。

②イベント  

イベントとは、PDFのダウンロードや電話でのお問い合わせのタップなど、URLの遷移がないユーザーの行動を指します。これもサイトの種類を問わず多くのサイトで活用できるコンバージョンです。

しかしURLの遷移がないことから通常のGoogleアナリティクスの設定では計測されません。
イベントを目標として設定するには「イベントトラッキング」という設定を行う必要があります。(詳しくはGoogleアナリティクスのイベントトラッキング活用【初心者向け】を参照してください。)

③滞在時間・ページビュー数

セッション(訪問)1回につき、「サイト内滞在時間○分以上」「ページビュー数○ページ以上」などというようなユーザーの行動を目標として設定できます。

主にブログなどの情報発信系サイトでよく使われるコンバージョンです。

目標の設定方法|簡単5ステップ

今回は、どのようなサイトにも幅広く使える①到達ページURLについて設定方法をご紹介します。

まず目標を設定する画面に進みましょう。

①管理>ビューの「目標」

②「新しい目標」をクリック

③「カスタム設定」にチェック

※「テンプレート」と出てきた場合は、プロパティで業種が設定されている為、その業種に合わせた目標の候補が表示されます。もちろんそこから目標を選択することもできますし、「カスタム」を選択すると、上の画像のように進むことができます。

④目標の名前をつける>目標のタイプを「到達ページ」にチェック

カスタム設定で続行すると、目標の説明を入力する画面に遷移します。
ここでは目標の名前(「会員登録完了」「お問い合わせ完了」など)と目標のタイプを設定します。

⑤目標となる到達ページのURLを入力する

目標とする到達ページのURLのドメイン以下を入力します。(「www.○○.com/thanks.html」であれば、「/thanks.html」)
その際、「到達ページ」の条件を「等しい」にすることを忘れないでください。

以上でコンバージョンの設定は完了です!Googleアナリティクス上でコンバージョンに関するデータが計測されるようになります。

まとめ:目標を設定して効率の良いサイト運営を!

いかがでしたでしょうか。サイトに適した目標を設定することで、利益により直結するサイト運営をすることができます。

設定方法はとても簡単なので、まだ目標を設定していないという方はこれを機にぜひ設定してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする