トラッキングコードを設定しよう!|Googleアナリティクスの始め方


Googleアナリティクスを始めるには?簡単2ステップ

いざGoogleアナリティクスを導入しよう!となったとき、最初の難関が初期設定です。サイトの情報を登録したりソースコードを操作したり、手間がかかるイメージがあるのでここで諦めてしまう人も少なくありません。

ですがGoogleアナリティクスは、大きく分けて2つの簡単なステップを踏むだけで簡単に始めることができます!その2ステップとは、

①Googleアナリティクスに登録 

②トラッキングコードの導入

この2つです。以下からはこの2ステップをより詳しく説明していきます。

1.Googleアナリティクスに登録

まずはGoogleアナリティクスにGoogleアカウントとサイトの情報を登録しましょう。

1-1.Googleアナリティクスにアカウントを登録>利用開始

Googleアカウントをすでに持っている方は「ログイン」、持っていない方は「アカウント作成」をクリックします。

Googleアカウントのログインが完了すると上のような画面が出てくるので、「お申し込み」ボタンをクリックしましょう。これでアカウントの登録は完了です。

1-2.サイトの情報を登録する

「お申し込み」ボタンを押すと以下のような画面が出てくるので、サイトの情報を登録しましょう。

①アカウント名:アカウント名を入力しましょう。サービス名、会社名など、管理しやすい名前をつけます。複数のアカウントを管理する場合、アカウント一覧で探しやすい名前にしましょう。後から変更することも可能です。

②ウェブサイト名:Googleアナリティクスを導入するサイトの名前を入力します

③ウェブサイトのURL:サイトのURLを入力します。「http://」か「https://」を選択します。このときドメイン末尾の/(スラッシュ)は入力しないようにしましょう。

④業種:最も近い業種を選択します。選択した業種に合わせて目標設定などがカスタマイズされます。

⑤レポートのタイムゾーン:国内で使用されるサイトであれば「日本」を選択しましょう。ここで選択されたタイムゾーンがレポートにおいて1日の区切として使用されます。

⑥データ共有設定:基本的に推奨のままで問題ありませんが、データを共有したくない項目があればチェックをはずします。

サイト情報入力が終わったら、「トラッキングIDを取得」をクリックします。
すると、「Googleアナリティクス利用規約」が出てくるので、「日本」に変更し、内容を確認の上「同意する」をクリックします。
以上でGoogleアナリティクスの登録は完了です。

2.トラッキングコードの導入  

サイトの情報を入力した後は、Googleアナリティクスをサイトに適用するうえで重要なトラッキングコードをサイトに導入しましょう。難しく感じるかもしれませんが、これを読めば誰でも簡単に導入できます!

1ステップ目の情報入力が終わると、トラッキングIDとトラッキングコードが発行されます。

画面でピンク色の四角に囲まれているのがトラッキングコードです。それを<script>から</script>まですべてコピーし、ウェブサイトの全ページのHTMLに貼り付けます
張り付ける場所は、HTMLの</head>終了タグの直前です。

サイト内の全てのページにこのコードを張り付けましょう!
面倒と思われるかもしれませんが、どのページにも同じ位置に同じコードを設置すれば大丈夫なので意外と時間はかかりません。

なお、Wordpressなどのブログサイトでは、1箇所貼り付ければ自動的に全部のページに自動的に貼り付けてくれるシステムがあるので大変便利です。

以上でトラッキングコードの導入も完了しました!お疲れ様でした。
最後に、実際にデータが計測されているかをレポート画面から確認しましょう。ただし、データが反映されるまで24時間程度かかることもあるので、すぐにレポート画面に反映されていなくても安心して待っていてください!

まとめ:トラッキングコードのコピー&ペーストで簡単導入!

いかがでしたでしょうか。Googleアナリティクスの導入は一見専門知識が必要で難しそうに見えますが、たったの2ステップで簡単に完了します。

特に初心者の方にとって難関と思われる「トラッキングコード」ですが、実はコードを各ページのHTMLにコピー&ペーストするだけの作業です。専門知識がなくても誰でも簡単に導入することができるので、今まで導入をためらっていた方もこのページを参考にしてぜひGoogleアナリティクスを導入してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする